トップメニュー
【ログインされていません】
▼  ログイン   ▼  新規ユーザー登録  
トップメニュー







トップバナー
  1. MCS TOP
  2. データ作成
MCSラインナップ
同人誌ラインナップ
萌えッシュインナップ CD.DVDラインナップ
ペーパーバッグラインナップ グッズラインナップ
自動見積もり

成人向け表記について

オリジナルパッケージ

特殊装丁

FMスクリーン

オンリーイベント応援企画

イベント持込搬入きゃんぺーん
地元イベント応援企画やってます!

 


Yahoo!ブックマーク  はてなブックマークに登録  del.icio.usに登録  Buzzurlにブックマーク  livedoorClipに登録   
 

データ原稿について


原稿サイズ

データ入稿について

仕上がり規格サイズ

A5→210mm(タテ)×148mm(ヨコ)
B5→257mm(タテ)×182mm(ヨコ)



表紙原稿サイズ

A5→216mm(タテ)×302mm+背幅(ヨコ)
(210mm+塗り足し6mm(上下各3mm)(タテ)×296mm+背幅+塗り足し6mm(左右各3mm)(ヨコ))

B5→263mm(タテ)×370mm+背幅(ヨコ)

(257mm+塗り足し6mm(上下各3mm)(タテ)×364mm+背幅+塗り足し6mm(左右各3mm)(ヨコ))

表紙原稿サイズ


※無線綴じの場合で、表2、表3に印刷(裏刷り)をされる方は、
ヨコ幅に対して、原稿サイズ+塗り足し(左右各3mm)+背幅+糊代(背幅から左右各3mmの余白)をお取り下さい。

(例)
無線綴じ冊子 B5サイズ 背幅2mm
B5ヨコ(364mm)+塗り足し(6mm(左右各3mm))+背幅(2mm)+糊代(6mm(背幅から左右各3mm))
で裏刷り用原稿を作成して下さい。


背幅は作成する本のページ数によって変わります。下記の背幅表を参考にしてサイズをお出しください。

※サイズをご確認の上、必ずトンボをお付け下さい。


本文原稿サイズ

A5→216mm(タテ)×154mm(ヨコ)
(210mm+塗り足し6mm(上下各3mm)(タテ)×148mm+塗り足し6mm(左右各3mm)(ヨコ))

B5→263mm(タテ)×188mm(ヨコ)

(257mm+塗り足し6mm(上下各3mm)(タテ)×182mm+塗り足し6mm(左右各3mm)(ヨコ))

本文原稿サイズ

※無線綴じの場合、本文の巻頭と巻末ページにおいて、綴じ側の仕上げ線から糊代(+3mm)の余白を取って下さい。

※サイズをご確認の上、必ずトンボをお付け下さい。


ダウンロードページにて各種原稿用紙を用意しております。
ぜひご利用ください。

⇒原稿用紙ダウンロード

▲PAGE TOP

カバー・帯データの作成


★カバー・帯データを作成する場合は以下の注意点を必ずお守りください。

表紙カバー・帯の背幅については、背幅目安表より+1mm余分に作成下さい。

折返し幅については、原則、作成するサイズの横幅に対して60%が目安となります。

B5サイズ→110㎜  ※ヨコサイズ182㎜の60%が目安
A5サイズ→90㎜ ※ヨコサイズ148㎜の60%が目安

カバー・帯ともに仕上がりサイズに天地左右プラス3mmづつ塗り足しを付けてください。

データには必ずトンボをつけてください。



カバー・帯データ作成

▲PAGE TOP

背幅

無線綴じの表紙原稿は、背幅を入れて作成して下さい。
背幅は本文のページ数、紙の種類により変わります。

下記の背幅目安表を参考に、作成して下さい。

表紙・本文の紙質、製本時の糊の量等により、実際の背幅は多少前後することがございます。

計算式:本文P数×紙厚÷2 ⇒この式より糊・表紙用紙の厚みなどを含み、勘案した数値を目安表としています。

表1、背、表4とで絵柄を分けてデザインされる場合は、製本時に表1や表4側に多少ズレることがございます。
確実に背文字を入れたい場合は、背幅から-1mm(左右で0.5mmずつ)以内に文字をお入れ下さい。
可能な限り意図した位置に背文字が定まるよう、加工をしておりますが、多少のズレはご了承下さい。
特に背厚みが少ない(2~3㎜)本につきましては、ズレが目立つ恐れがございます。

表紙カバー・帯の背幅を作成する場合は、上記背幅表からさらに+1mm追加下さい。



■上質90kg(紙厚約 0.12mm)

本文ページ数 ~32 34~50 52~66 68~82 84~100 102~116 118~128
背幅 2 3 4 5 6 7 8


■上質110kg ・ モンテシオン69kg(紙厚約 0.16mm)

本文ページ数 ~24 28~36 40~48 52~60 64~72 76~84 86~100 104~112 116~124 128~132
背幅 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11


■モンテシオン60kg(紙厚約 0.14mm)

本文ページ数 60~68 72~84 88~96 100~112 116~128 132
背幅 5 6 7 8 9 10


■ホワイトニューV(紙厚約 0.135mm)

本文ページ数 ~28 30~44 46~58 60~74 76~88 90~102 104~118 120~128
背幅 2 3 4 5 6 7 8 9


■コート110kg(紙厚約 0.11mm)

本文ページ数 ~36 38~54 56~72 74~90 92~108 110~126 128
背幅 2 3 4 5 6 7 8


▲PAGE TOP

トンボ

トンボは必ずつけてください。
トンボの形状は下図左を参照ください。

下図右のような「L(エル)字型トンボ」は仕上がり範囲内にトンボが入るため絶対に入れないでください。
また、仕上げ位置に合わせて線を引くのも避けて下さい。

トンボ

▲PAGE TOP

塗り足し

画像は塗り足し(断ち切り分)部分まで描いて下さい。
また、切れてしまうと特に困るものは5mm程仕上げ内側に描いて下さい。

塗り足しは製本工程の最後に断裁(切捨て)をする際、絶対に必要なものです。
断裁は機械で行うため、切る位置にどうしても微妙なズレが生じます。
そのために以下の様な事が起きてしまいます。

●塗り足し不足のため、不自然に紙の色が見えている。
●仕上がり位置を境に色を変えたり仕上がり位置に線を引いたために、不自然に他の色が見えてしまう。
●消えると困る大事な文字や人物の顔を塗り足し内に描いてしまい、切れてしまった。
●仕上がり位置ギリギリに大事な文字や人物の顔を描いたため、切れてしまった。


上記の事柄によく注意して原稿の作成をお願いします。

▲PAGE TOP

無線綴じのレイアウトについて

無線綴じの性質上、見開き中心部に文字や絵柄があると見づらくなります。

レイアウトされる際には、本文中各ページの綴じ側の仕上げ線から「7~10mm」の間には
大事な文字や人物の顔が入らないように注意して下さい。
また、見せたい絵や文字、タチキリにしないコマは、内枠に収まるように描いて下さい。
これにより、構図が綺麗に見える作品が出来上がり、読者様にとっても
見やすい、読みやすい本になります。

▲PAGE TOP

箔押しデータの作成

★箔押しデータを作成する場合は以下の注意点を必ずお守りください。

原稿はK100%でお作りください。
綺麗な線で仕上がる箔押しを希望される方はモノクロ2階調600dpiでの作成が推奨です。
別ファイルで作成する場合は必ずトンボをつけてください。
レイヤーで作成する場合は、レイヤー名を「箔押しレイヤー」にして下さい。箔押しレイヤー以外は必ず統合しておいてください。
背の折部分にかかるデザインは、避けて下さい。
特殊紙で箔押しをする場合は、特殊紙のエンボス加工が箔表面に出たり、剥がれやすくなる場合がございます。事前にご相談下さい。

細かい文字、細かい点、細い線(1mm以下)はきれいに箔が押せない事があります。
また、箔押しはどうしても1~2mmのズレが発生することがございます。緻密な位置合わせは困難です。

▲PAGE TOP

ニス盛加工データの作成

★ニス盛加工データを作成する場合は以下の注意点を必ずお守りください。

加工を施す部分をモノクロ2階調、600dpiでお作りください。
データには必ずトンボをつけてください。
ニス加工の面積が全体の50%以下になるようにするようにご作成下さい。
加工部分が背幅部分にかからないようにして下さい。

イラスト部分をPhotoshopなどの画像ファイルのみで作成し、ニス加工部分をIllustratorで作成した場合、
イラスト部分と加工部分を合わせることが難しくなりますのであらかじめご了承下さい。

▲PAGE TOP

データファイル名

データファイル名を見て内容がわかる名前を付けてください。
半角英数文字のファイル名を推奨します。
本文データはページ番号がわかるように1ページずつ作成し、ページ番号と同じナンバリングをつけてください。

例)
表紙・・・Hyousi.tif
本文・・・N-001.tif、N-002.tif ・・・・・・

▲PAGE TOP

色の違いについて

★色域による違い
モニタはCMYKより色域の広いRGBによって表現されています。
よってCMYKモードのデータでも印刷の色とは領域が違うので、色合いが変わってしまう可能性があることをご了承ください。

★モニタによる色の違い
同じデータでもモニタの色はメーカーや機種、使用しているパソコンの種類、キャリブレーションなど によって見え方が違います。
印刷物に合わせたキャリブレーションやカラーマッチングをしていない場合、実際のCMYKの数値と は大きく違った色味で見える
ことがあり、お客様のモニタの色にあわせて補正するということはで きません。

▲PAGE TOP

出力見本について

ご入稿頂いたデータ原稿は、基本的に弊社では補正せずにそのまま印刷させて頂きます。
出力見本は、データ内容の確認用として必要ですので、必ず入稿時にお送り下さい。
ネット入稿の場合は、JPG画像にして頂きファイル名に「出力見本」と明記してください。
宅配の場合は、プリンタ出力(カラー・モノクロどちらでも可。サイズは出来る限り原寸でお願いします)・
JPG画像どちらでも構いません。
いずれにしても、「出力見本」とわかるように明記の上、お送り下さい。
尚、出力見本とデータの内容に相違があった場合は、データ通りの印刷とさせて頂きますので、
必ず、出力見本は最終データのものをお出し下さい。

▲PAGE TOP

Photoshopデータ作成時のご注意

■PSD、TIFFのいずれかのデータ形式でご入稿ください。
(データ保存時に"Photoshop"形式もしくは"TIFF"形式をお選びください。)

※Photoshop-CS以降のバージョンにつきましてはPDFでの入稿を推奨します。
当社ダウンロード台紙にて作成後、PDFに別名保存して下さい。
その際、当社指定のプリセットを選択して下さい。


■画像解像度はカラーページは350dpi、モノクロページは600dpiにして下さい。
(72dpiでは印刷用のデータとして使用出来ません。)

新規台紙作成時に解像度をカラーページは「350pixels/inch」に、モノクロページは「600pixels/inch」に設定してください。
「イメージ→画像解像度」を開くと、解像度を確認できます。

★(参考)解像度による画像の違い
オリジナルサイズ画像
オリジナル

350dpi画像解像度
350dpiデータを拡大表示

72dpi画像解像度
72dpiデータを拡大表示
(違いがわかるようオーバーに表現しています)


■カラーデータの画像モードはCMYK、RGBどちらでも結構です。
ただし、RGB入稿の場合は当社プロファイルにてCMYKに変換して印刷致します。

※プロファイルについて
RGBで作成したデータをCMYKに変換する際、当社ではRGBに近い色域に変換するプロファイルを用意しています。
お客様のモニタや印刷する紙質によって、イメージと色合いが変わってしまう可能性がありますが、ご了承ください。
色が気になるお客様は事前にお問い合わせください。


■1色データの画像モードはグレースケールを推奨します。
(モノクロ2階調はモアレが発生しやすいので画像作成前に十分に注意してください。)


■レイヤーを使用しての編集は最後に必ず"レイヤーの統合"を行って下さい。


■Photoshop-CS以上のバージョンを推奨しております。

▲PAGE TOP

Illustratorデータ作成時のご注意

■AI (Illustrator)、Illustrator EPSのいずれかのデータ形式でご入稿ください。
(データ保存時に"Illustrator"形式もしくは"Illustrator EPS"形式をお選びください。)

※Illustrator-CS以降のバージョンにつきましてはPDFでの入稿を推奨します。
当社ダウンロード台紙にて作成後、PDFに別名保存して下さい。
その際、当社指定のプリセットを選択して下さい。


■データのカラーモードはCMYK、RGBどちらでも結構です。
ただし、RGB入稿の場合は当社プロファイルにてCMYKに変換して印刷致します。

※プロファイルについて
RGBで作成したデータをCMYKに変換する際、当社ではRGBに近い色域に変換するプロファイルを用意しています。
お客様のモニタや印刷する紙質によって、イメージと色合いが変わってしまう可能性がありますが、ご了承ください。
色が気になるお客様は事前にお問い合わせください。


■線を作成する際、0.3pt以上の太さで作成してください。
0.3pt以下の線を使用した場合の再現は非常に困難です。線が印刷されなかったり線が切れる可能性があります。


■フォントは全てアウトライン化して下さい。(アウトライン化していない場合、文字化け等の原因になります。)
文字選択後、「文字→アウトラインを作成」で作成出来ます。
アウトライン化した後に、「ウインドウ→書類情報→フォント」で文字情報が残っていないか確認してください。


■画像データを配置する場合は以下の注意点を必ずお守りください。

★Illustratorデータと同じフォルダに配置に使用している全ての画像データを入れて入稿してください。
★配置する画像はレイヤーを統合しておいてください。  
★拡大縮小は配置前に画像データで行い、必ず原寸(100%)で配置するようにしてください。
★Illustratorの保存形式は「Illustrator形式(拡張子.ai)」にしてください。
★配置後や保存後に、配置させた画像ファイル名の変更は絶対にしないでください。


■レイヤーを使用しての編集は最後に必ず"レイヤーの統合"を行って下さい。


■Illustrator-CS以上のバージョンを推奨しております。

▲PAGE TOP


 

Officeデータ入稿について

Windows環境でword、excel、power point、一太郎等を使用して作成したデータを入稿し、PDFの作成が行えない場合は
以下の方法で入稿を行ってください。


●入稿データ作成までの流れ

1.入稿データ作成用プリンタドライバのダウンロード
2.入稿データ作成用プリンタドライバのインストール
3. 入稿用データの作成
4.入稿用データをアップロードしてください

New!
SCREEN MultiStudio は、Windows Vista 、Office 2007 対応になりバージョンアップしました。
New!
ドライバをダウンロードする
★ver5.00 はこちら
★ver6.02 はこちら
入稿データ作成用プリンタドライバのダウンロードを行います。(自動解凍EXE形式)
OS,office のバージョンにより、MultiStudio のバージョンが異なります。下記、対応表をご覧ください。
SCREEN MultiStudio
ドライバーバージョンと対応OS
 
Ver5.00
Ver6.02
Windows 98(SE含)
×
Windows Me
×
Windows NT 4.0
×
Windows 2000
×
Windows XP
Windows Vista
×
  
SCREEN MultiStudioドライバーバージョン
と対応Microsoft Officeバージョン
 
Ver5.00
Ver6.02
Office 95
×
×
Office 97
×
×
Office 2000
×
Office XP
×
Office 2003
Office 2007
×
New!
インストールガイド
入稿データ作成用プリンタドライバのインストールガイドです(PDF形式)
New!
マニュアル
入稿データ作成用プリンタドライバのユーザーズマニュアルです(PDF形式)

▲PAGE TOP


   ▼ 会社案内   ▼ 個人情報保護方針    ▼ 特定商取引法に関する記載  ▼ サイトマップ
Copyright 2009 MCS All rights reserved