この大きな倉庫を使って、保管、保管物の販売、電子データの販売などを自由に行って頂く事が可能です。

自由に歩き回って、倉庫の中の眠っているお宝、是非クリエイティブという創造性の高い良い作品と巡り会ってください。

ようこそゲストさん
 ユーザー登録  ログイン  ショッピングカート 
カーゴトップ > カテゴリ一覧 > 本・電子書籍 > 芸術

本・電子書籍

文学 [278]
趣味 [95]
社会 [34]
思想 [23]
芸術 [167]
写真集 [156]
画集 [7]
技術 [7]
その他 [62]




ねこみちグッズ



オフィス用品




 本棚表示    リスト表示 | 新着順 | 出品日順 | 商品名順 | 出品者名順 |
1.
【残り○】
¥1,222 [税込]
香美市立美術館第七十二回企画展 昭和51年に高知市中心部を隈なく歩き、当時の街並みを記録として写真におさめたものです。約6ヶ月かけて高知市に滞在し撮り続けたこれらの写真は、記・・・続きをみる
武吉孝夫
2.
【残り○】
¥2,200 [税込]
「自分探しの道でした」と本人も回想している。 その直向きな制作への精神は確実に、見る人の心を満たしてゆくテラコッタばかりを造りつづけた一女性の、作品による生きた証。心の軌跡で・・・続きをみる
小松澄子
3.
¥440 [税込]
振り返って見れば、 カルシュは日本とは数奇な運命に結ばれていた。この地で彼は教育者として、数多くの優れた教え子に恵まれた。出雲を去った後も彼の日本との縁は途絶えることなく、戦後・・・続きをみる
若松秀俊
4.
¥418 [税込]
カルシュは余暇には旅に出て、時間の許す限り、様々な場所を自らの足で訪ね歩いた。当時の交通事情もあって、訪れる場所は限られていたが、到るところで自然と向き合い、心を通わせたことを・・・続きをみる
若松秀俊
5.
¥418 [税込]
当時の軽井沢駅から北を眺めた浅間山と離山の姿が美しい。それに、カルシュは、駅周辺の人通りの様子に加えて客待ちの人力車の佇まいの貴重な写真を残している。それは松江駅前のそれと比べ・・・続きをみる
若松秀俊
6.
¥407 [税込]
奥谷の双子の松江高校の官舎で、カルシュ夫妻の生活が始まった。大正14年の秋のことである。それから一ヶ月ぐらい経って暮らしが落ち着いてくると、周囲のことが少しずつわかってきた。フ・・・続きをみる
若松秀俊
7.
¥341 [税込]
この出雲の国の老木鬱蒼たる神社仏閣の美しさ……… カルシュにとって、こうした景色だけでなく、見たこともなかった寺院や神社などは特別の印象があったという。自然と結びついた古来の諸・・・続きをみる
若松秀俊
8.
¥391 [税込]
カルシュは松江で過ごし、近隣のたぐいまれな美しい風景に接することができた歳月と同僚の先生方や生徒達とのふれあいは、何にも替えがたい素晴らしいものであったという。日本の人々と自然・・・続きをみる
若松秀俊
9.
¥407 [税込]
この出雲の国の老木鬱蒼たる神社仏閣の美しさ…、海?入江?島嶼(とうしょ)…… さては遥かに淡く輝く隠岐の国の山々を配して青く透き通った日本海の美しさ。それはもう、何にも例えよう・・・続きをみる
若松秀俊
10.
¥358 [税込]
この地では神や仏の霊験が広く人々の生活の中であつく信仰されてきた。祭りの時期には神仏との境界が取り除かれて人々がとともに楽しむことが、カルシュには新鮮であった。御大典の祝賀では・・・続きをみる
若松秀俊
11.
¥363 [税込]
当時の松江高校の純真で高潔な生徒たちに、カルシュは語りかけた。 この出雲の国の老木鬱蒼たる神社仏閣の美しさ…、海?入江?島嶼(とうしょ)…さては遥かに淡く輝く隠岐の国の山々を配・・・続きをみる
若松秀俊
12.
¥385 [税込]
町並みは、ドイツやその近隣とは趣の全く異なる柔らかな雰囲気のたたずまいである。千鳥破風の松江城には興味をひかれ、何度も登城し、写真も残している。夏には蚊柱がお堀端に、霞のように・・・続きをみる
若松秀俊
13.
¥2,343 [税込]
この出雲の国の老木鬱蒼たる神社仏閣の美しさ…、海?入江?島嶼(とうしょ)…… さては遥かに淡く輝く隠岐の国の山々を配して青く透き通った日本海の美しさ。それはもう、何にも例えよう・・・続きをみる
若松秀俊
14.
¥2,068 [税込]
当時の松江高校の純真で高潔な生徒たちに、カルシュは語りかけた。 この出雲の国の老木鬱蒼たる神社仏閣の美しさ…、海?入江?島嶼(とうしょ)…さては遥かに淡く輝く隠岐の国の山々を配・・・続きをみる
若松秀俊
15.
¥2,211 [税込]
町並みは、ドイツやその近隣とは趣の全く異なる柔らかな雰囲気のたたずまいである。千鳥破風の松江城には興味をひかれ、何度も登城し、写真も残している。夏には蚊柱がお堀端に、霞のように・・・続きをみる
若松秀俊
16.
¥2,893 [税込]
振り返って見れば、 カルシュは日本とは数奇な運命に結ばれていた。この地で彼は教育者として、数多くの優れた教え子に恵まれた。出雲を去った後も彼の日本との縁は途絶えることなく、戦後・・・続きをみる
若松秀俊
17.
¥2,750 [税込]
カルシュは余暇には旅に出て、時間の許す限り、様々な場所を自らの足で訪ね歩いた。当時の交通事情もあって、訪れる場所は限られていたが、到るところで自然と向き合い、心を通わせたことを・・・続きをみる
若松秀俊
18.
¥2,112 [税込]
この地では神や仏の霊験が広く人々の生活の中であつく信仰されてきた。祭りの時期には神仏との境界が取り除かれて人々がとともに楽しむことが、カルシュには新鮮であった。御大典の祝賀では・・・続きをみる
若松秀俊
19.
¥1,925 [税込]
この出雲の国の老木鬱蒼たる神社仏閣の美しさ……… カルシュにとって、こうした景色だけでなく、見たこともなかった寺院や神社などは特別の印象があったという。自然と結びついた古来の諸・・・続きをみる
若松秀俊
20.
¥2,585 [税込]
奥谷の双子の松江高校の官舎で、カルシュ夫妻の生活が始まった。大正14年の秋のことである。それから一ヶ月ぐらい経って暮らしが落ち着いてくると、周囲のことが少しずつわかってきた。フ・・・続きをみる
若松秀俊


 前へ123456789次へ 




運営会社サイトマップ個人情報保護方針利用規約特定商取引法に基づく表記問い合わせ
Copyright 2011 CARGO & Matsumoto Inc All rights reserved.